スキンケアにも使える?塗るタイプのCBDオイルの美容効果は?

cbdオイルを塗ってスキンケアCBDの知識

CBDオイルは、多くの体の不調に効果があると研究が進められていますが、スキンケアの領域でも人気が高まっています。

CBDを皮膚に塗ることで、どんな効果が期待できるのか。

多種多様なCBDスキンケア用品が発売されていますが、CBD以外には、どんな成分が入っているのかにも着目しながらご紹介します。

スポンサーリンク

CBDオイルの紹介に入る前に紹介しておきたい身体のECSというシステム

ECSをご存じの方は、読み飛ばしていただいて結構ですが、CBDのスキンケアが初めての方の為に簡単にお話します。

麻(ヘンプ)から抽出されている、CBDという成分は、直接皮膚に吸収される特性を持っていて、皮膚近くのCB2受容体に作用して「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」活性化します。

ECSとは、人間を含む全ての脊椎動物が持っている生体の防御システムで、このECSが

  • 食欲
  • 睡眠
  • 性行動
  • 免疫
  • 疼痛
  • 感情
  • 運動機能
  • 発達
  • 老化
  • 認知記憶

等をコントロールしています。

CBDは外用品でもECSを活性化する事は出来るものの、吸収率は低いのでたっぷり目に塗ることをお勧めしている商品が多くなっています。

CBDの皮膚への期待されている効果は

  • ニキビ・吹き出物
  • 乾癬・アトピー
  • 抗菌性
  • 抗炎症
  • 筋肉疲労改善

等が期待されています。

元々CBDオイルやVAPE(電子タバコ)等でCBDの知識がある方を中心に、肌トラブルの予防や改善する目的で購入している傾向が高いです。

塗る事によるメリット、デメリットは?

肌に塗ることによってどのようなメリット、デメリットがあるのか?

調べてわかったことをご紹介していきます。

CBDオイルを塗ることによるメリット

CBDオイルを塗ることによるメリットは次の通りです。

  • CBDは皮膚に塗って吸収するメリットとして、CBDオイルのようにまずくない。(味を気にしなくて良い)
  • VAPE等を利用したCBDの蒸気吸入が苦手な方でも大丈夫。
  • 肌トラブルが減った。
  • お肌にハリや艶が出てきた。

等があります。

CBDオイルを塗ることによるデメリット

デメリットとしては

  • CBDオイルを経口摂取するより吸収が遅い。
  • CBDリキッドをVAPEで吸入するより吸収が遅い。
  • 通常のコスメに比べて値段が高い。
  • CBDの成分が少ししか入っていなくても(全成分の1%以下)CBDを強調している商品がざらにある。
  • 中にはCBDが入っていないのにCBDと名前の付くスキンケア用品もある。

CBDが入っていないのにCBDと偽っている商品は、2019年12月現在も販売されています。

CBDのスキンケア用品は、安くはないのでご購入の際は、きちんと成分を見てから買う事をお勧めします。

塗るのに適したCBDオイルは?

経口摂取CBDオイルをもしお持ちであれば、それを気になる個所に塗って頂いてもかまいません。

しかし、直ぐに減ってしまう為、CBDを含むスキンケアは、専用の製品(スキンケア用)を使っている方が多いです。

VAPEに使うCBDリキッドは、あくまで蒸気吸収を楽しむもので、香料等、味をつける物も添加されており、液体で蒸発するのも早い事が想定されますので、スキンケアには使用しない方が無難です。

CBDを配合したスキンケア商品がたくさん出回っていますが、成分を見た結果の個人的なお勧めと、注意したい商品をいくつかご紹介します。

スージングCBDスキンバーム(ヘンプタッチ)

こちらの商品のオススメポイントは、赤ちゃんや妊娠中、デリケート肌でも使えてリップとしても使用できます。

同じ麻から抽出されているCBDとヘンプシードオイルを一緒に配合することによって相乗効果が期待できます。

配合されている成分は、成分の多い方から

  • マンゴバター(エモリエント効果:肌を柔らかくしながら保湿)
  • シアバター(保湿)
  • ヘンプシードオイル(浸透力+保湿力)
  • カレンデュラ(皮膚のガードマン・血管修復・抗炎症)
  • オリーブオイル(保湿・ハリ・弾力)
  • CBDオイル(肌トラブル全般)
  • カプリル
  • カプリル酸グリセリド(天然由来の抗菌剤)
  • トコフェロール(血行促進・酸化防止)
  • サンフラワーシードオイル(浸透力)
  • ラベンダー(肌の再生・炎症の改善)
  • アミリスバルサミフェラ樹皮油(香料)
  • カモミール(消炎・香料※キク科アレルギーの方注意)
  • リナロール(香料)
  • リモネン(リラックス効果)
  • ゲラニオール(香料)

となっており、費用対効果が良いと思います。敏感肌や乾燥肌の方に特にオススメです。

カモミールはキク科の植物にアレルギーのある方は使用できませんのでお気をつけ下さい。

同じシリーズでトラブル肌タイプとして販売されている「ジェントルCBDスキンバーム」という商品の成分を見た所、CBDの効果を期待したい方に肝心な成分のCBDが入っていなかったので、ご注意ください。

created by Rinker
¥5,980(2020/10/24 11:23:42時点 楽天市場調べ-詳細)

Hemp Salve 750mg CBD (ENDOCA)

こちらの商品の凄い所は、食べられるという所です。

スキンケアなのに食べられる?と思った方もいらっしゃると思いますが、口から入ってはいけない物を体に塗らせない!というこだわりが溢れている商品です。

成分は多い方から

  • CBD750mg(ボディー用は1500mg物もあります)
  • ココナッツオイル(保湿)
  • ビーワックス(エモリエント効果)
  • ヘンプシードオイル(浸透力・保湿力)
  • レモン果皮オイル(肌・髪・爪の強化・香料・※光毒性あり)
  • シトラール(芳香:レモンのような香り)
  • バニラ(芳香)
  • ビタミンE(酸化防止)

となっています。

CBDの配合量が他の製品に比べてかなり多く、美容効果が高いのですが、値段も高いです。

また、レモン果皮オイルには光毒性がある為、Hemp Salveを塗ってから外に出る際は日焼け止めの使用をお勧めします。

メイヂCBDバーム

ネーミングが強そうなこちらの商品は、コロラド州の有機農家の麻を使用しており、CBDは230mg配合されています。

配合されている成分は、

  • CBD230mg
  • ワセリン(皮膚科でももらえて、市販でも買える保湿剤)

と、かなりシンプルな処方になっていますが、徹底した品質管理で、純度の高い成分を抽出しています。

CBD+フルスペクトラム(ヘンプ草一番搾り(THC)を除く)で多様な植物栄養素が効果を高めます。

created by Rinker
¥3,850(2020/10/24 16:09:06時点 楽天市場調べ-詳細)

CBDデイリー スージングセラム(Nature Lab)

CBDスキンケア製品の中ではお手頃な価格です。セラムタイプは、乾燥肌にも脂性肌にも使えるのが良い点です。

  • 気になる配合成分は、多い順から、
  • アーモンドオイル(エモリエント効果・美白作用・日焼けした肌の鎮静・抗炎症・痒みの緩和・浸透力・低刺激)
  • アンズ核油(ほぼアーモンドオイルと一緒)
  • ブドウ種子油(エモリエント効果・抗酸化作用)
  • 麻種子油:ヘンプシードオイル(保湿)
  • ゴマ種子油(エモリエント効果・抗酸化)
  • アボカドオイル(エモリエント効果・抗炎症・髪の強化、育毛促進)
  • ローズマリー葉油(憂鬱、頭皮の不調改善・血行促進)
  • トコフェロール(抗酸化作用)
  • メボウキ油(皮膚強壮作用・ニキビの改善・殺菌作用・血行促進・浄化作用・育毛促進・血行促進)
  • メラレウカビリジフロラ葉油(清浄作用)
  • ユーカリ葉油(しみ・にきび・ただれ・虫刺され・頭皮にも有効)
  • セイヨウアカマツ葉油(保湿・細胞賦活・消臭・たるみ抑制)
  • ラベンダー油(肌の再生・炎症の改善)
  • アトラスシーダー木油(リンパの流れを良くする・脂肪の蓄積を防ぐ・セルライトやむくみ・ニキビ・脂性肌・ふけ・脱毛の防止)
  • セイヨウハッカ油(痒み・やけど・殺菌・冷却)
  • メントール(鎮静・細胞活性化・肌のひきしめ)
  • カンナビジオール

となっており、最早CBDが入っていなくても十分に効果的です。

CBDデイリースージングセラムの商品説明には、CBDの濃度が高いと記載しているサイトが多いですが、成分の一番最後にカンナビジオールが記載されている事から、配合されている量は、1%以下になります。

(問い合わせ中)中には怪しげなCBDスキンケアを紹介しているところも

さて、いつくかCBDのスキンケア商品をご紹介してきました。

CBDの配合量を考えたらHemp Salve 750mg CBD (ENDOCA)が良さそうですが、自分が個人的にバランスよく配合されていると評価が高かったのは、スージングCBDスキンバーム(ヘンプタッチ)です。

そして気になった商品があります。こちらはメーカーに問合せ中ですが、現在の所、回答は返ってきていません。

ヘンプタッチCBDフェイスクリーム保湿タイプNurturing Face Cream

こちらの商品は、販売しているサイトによって、表示している成分が異なっています。

https://www.hemptouch.com/nurturing-face-cream

ニューチャリング・フェイスクリームの成分A社

ヘンプ・ボタニカル・ウォーター / ダマスクローズ・フラワーウォーター / 水 / セテアリルアルコール / ラウリン酸イソアミル / カンナビス・サティバ・シードオイル / カンナビス・サティバL / ココヤシオイル / スイートアーモンド・オイル / クエン酸ステアリン酸グリセリル / ステアリン酸グリセリル(SE) / マンゴー・シードオイル / グリセリン / カプリル酸グリセリル / レブリン酸ナトリウム / アニス酸ナトリウム / 水酸化ナトリウム / ヒアルロン酸ナトリウム / キサンタンガム / グアイアズレン / 酢酸トコフェロール / ユビキノン / ゼラニウム・フラワーオイル / ダマスクローズ・エキストラクト / 安息香酸ナトリウム*1 / ソルビン酸カリウム*1 / シトロネロール* / ゲラニオール* / リナロール* / シトラール* / リモネン* / オイゲノール* / ファルネソール* / ベンジルアルコール* / 安息香酸ベンジル*

ナチュラル・エッセンシャルオイル

という成分表示のサイトがあります。カンナビスサディバLという表示の仕方をしているので、CBDだけではないかもしれないという不安が拭いきれません。

ニューチャリング・フェイスクリームの成分B社

特徴的な成分:ヘンプシードオイル、水、ダマスクローズ、ゼラニウム

全成分:水、ダマスクローズ、セテアリルアルコール、ラウリン酸イソアミル、ヘンプシードオイル、ココヤシオイル、スイートアーモンド・オイル、クエン酸ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、マンゴーバター、CBDオイル、グリセリン、カプリル酸グリセリル、レブリン酸ナトリウム、アニス酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム、キサンタンガム、トコフェロール、サンフラワー・シードオイル、ゼラニウム、ダマスクローズ、シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、リモネン

という成分表示のサイトがありました。

本来、成分の多い順に化粧水は表示されますが、全く同じパッケージの商品を紹介しているのにも関わらず、成分名や配合量が違う事を問い合わせていますが、今の所回答はありません。

その他にも栽培に免許の必要な麻ですが、国産をアピールしている塗れるCBDオイルを販売している業者が数社見つかりました。

材料を作る段階から国産なのか、輸入したCBDを混ぜて作った物なのかを問い合わせ中です。

今の所回答はありませんが、いずれ何か分かりましたらまた、ご紹介できればと思っています。

CBDオイルを塗る事で夏を快適に過ごせる?

CBDオイルを含んだスキンケア用品は、抗菌や炎症を抑える作用が期待できますので、夏に繁殖しやすい雑菌でニキビや肌トラブルが起きやすい方にオススメです。

夏に使うスキンケア用品で、一緒に配合していると効果的な成分は、

  • ハッカ油
  • メントール

等が清涼感や虫よけ効果もあり、お勧めです。

塗るタイプのCBDオイルの正しい使い方は?

塗るタイプのCBDオイルは、CBDだけではなく、他のオイルや水分も混ざっている商品が多いため、通常のスキンケア同様に外出時は日焼け止めを塗ることで肌が紫外線からダメージを受けるのを防いで、より効果を実感できます。

また、スポーツ後の筋肉の疲れにCBDを塗ることによって回復が早くなるという口コミも多いです。

まとめ

  • CBDは肌から直接吸収可能
  • 体の防御システムに作用するので、様々な効果がある
  • スキンケア製品を見るときはCBDの含有量を確認
  • 物によってはCBDが含まれていないものもあるので注意

様々な角度から塗るタイプのCBD商品をご紹介してきました。

たくさんのサイトでCBDのスキンケア用品が紹介されていますが、ご購入の際は、商品の成分をしっかり確認して、違法のある製品を買わないようにしましょう。

Author Profile

みゆき
みゆきCBDオイルレビュー専門家
2年前初めてCBDオイルに出会ってからどハマりしている自称都内っ子のアラサー女子(本当は東京の奥地のド田舎)
CBD製品は一通り全て試しており、CBDオイル検定が出れば即1級を取得できると豪語している。CBDオイルが好きすぎて論文などまで読み漁ったため、専門家に匹敵する知識が売り。
マニアックすぎて彼氏や友人に引かれるのでネットにてその知識を紹介中。

コメント

  1. 新井 利美 says:

    CBDは美容用と、喫煙用と商品は違うのでしょうか? 
    喫煙用のオイルは美容には向いていないということでしょうか?
    こちらの製品です。よろしくお願いいたします。
    https://betterhealth.jp/cbd/

    • みゆきみゆき says:

      新井様
      コメントありがとうございます。

      おそらく、「リキッド」と「オイル」と「スキンケアクリーム」を混合してしまっているのかと思います。
      喫煙用がCBDリキッド
      多用途がCBDオイル
      スキンケアを目的としているのはCBDクリームです。
      いただいているリンク先も「オイル」と「リキッド」分かれていますね。

      スキンケア目的なら「肌に塗る」と書かれているものを、
      ご自身で使われているモノに混ぜて使う場合は「オイル」を選ぶと良いと思います。
      *ただし、喫煙用はリキッドのみお求めください。リキッド以外はNGです。
      「オイル」は、肌に合う合わない、用途が記載されていると思いますので、成分等、確認してからご使用すればより安全かと思います。

      参考になれば幸いですm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました