CBDオイルを吸引する方法は?VAPE(ヴェポライザー)の使用法や効果は?

cbdオイルを楽しむことができるVAPEとはCBDの使い方

近年、日本でも話題となっているCBDオイルをご存じですか?

CBDオイルとはうつ症状や痛みの改善・不眠などに効果があり、その摂取方法は飲み物に入れる・カプセルで飲む・ヴェボライザーで吸引するなどさまざま使い方があります。

今回はCBDオイルをヴェボライザーで吸引した時のメリットや副作用・喫煙との違いなどを徹底的に紹介していきますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ヴェボライザー(VAPE)とは?

ヴェボライザーとは「加熱式たばこ」と呼ばれ、もともとは海外で医療用に考案されたものです。

200℃前後の電気熱がタバコやハーブなどの葉っぱを気化させ、その蒸発した成分を吸引します。

医学的に信頼できる安全性が立証されており、現在ではヴェボライザーによって有用な成分のみを抽出し、有害な合成物質を完全に除去できることが明らかになっています。

このため、のどや肺に優しい吸引具として世界中から注目が集まりさまざまな商品が開発されています。

(参照元: http://www.taimaya.jp/html/page12.html

吸引することによるメリットは?

では、実際にCBDオイルをヴェボライザーで吸引するメリットは何でしょうか?

それはCBDオイルの効果を実感する時間が圧倒的に短いことです。

個人差はありますが通常CBDオイルを口から摂取するとその効果を得るまでに数時間は掛かります。ですがヴェボライザーによる吸引では30~60分以内に効果が現れるのです。

この理由としては、吸引時に大きく息を吸いこみ肺から直接CBDを摂取することで血中にCBDが広がりやすいためだと言われています。

吸引することによる副作用はある?

ヴェボライザーは、最近医療用として開発されたのでそれ自体の歴史が浅いです。

安全性をアピールする販売店とは裏腹に、専門家は吸うべきではないとの警告を鳴らしています。

ヴェボライザーによって肺に吸収された物質はダイレクトに脳に影響を与えるので、何が入っているか分からない物質を安易に肺へ入れるのは危険すぎると考えられています。

参照元;https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/photos/hikanetsu_kenkai.pdf#search=’%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3+%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8′

このため、含まれている成分を確認して、吸っても問題ない成分のみ含まれている製品を選択する必要があります。

喫煙との違いは?

喫煙との違いは次の通りです。

  • 初期投資が高い(機材は5000円〜のものが多い)
  • 火がいらない(ボタン一つで稼働可能)
  • 煙の出ている量が多い(商品によって異なるが「吸ってる感」が楽しい)
  • 1回で数百回楽しめる分、オイル1回の購入は割高(6000円近いものまで売っている)
  • フレーバーはタバコより豊富
  • 充電が必要
  • 機器の掃除やメンテナンスが必要
  • 煙の匂いが少ない *商品によって異なる

ヴェボライザーは専用のスペーサーに「シャグ」や「リキッド」と呼ばれるタバコ葉やハーブ・オイルなどを入れるので、その作業はちょっとした手間が掛かります。

いっぽうでシャグやリキッドを1つ購入すれば数百回分のヴェボライザーが使用でき、コストパフォーマンスは喫煙よりも安く上がります。

そして、喫煙と違いヴェボライザーは無煙なので周囲に迷惑を掛けにくく、タバコの匂いもほとんどありません。

副流煙による受動喫煙の影響も少なく、タバコ臭を気にしている方にオススメです。

お勧めのVAPEは?

では、どのようなVAPE製品がおすすめなのか?

ここではいくつか手を伸ばしやすい商品を紹介していきます。

WEECKE Fenix(WEECKE)

created by Rinker
WEECKE(ウィーキー)
¥9,800(2020/10/24 18:08:11時点 Amazon調べ-詳細)

大人気WEECKE製の定番商品です。

バッテリーはフル充電で約10回使用可能。加熱温度も強弱を自分で選ぶことができ、シャグを入れるチャンバーが大きいので初心者でも簡単に出し入れが可能です。

Pathfinder V2 Vaporizer(Fugo Vapor)

【送料無料 あす楽】Hugo Vapor Pathfinder V2 ドライハーブ ヴェポライザー 2200mAh

コンパクトなペンタイプで、値段が他の商品よりも安くヴェボライザーでは安価の部類に入ります。

チャンバーはステンレスタイプなので均一に加熱をしてくれ、電源ボタンと温度調節ボタンが分かれているので操作がしやすいのも特徴です。

Flowermate Slick(Flowermate)

高品質で実績の高いFlowermateのスティックタイプヴェボライザーです。

バッテリーが交換式なので外出先でも携帯が可能、温度調節が5段階になっておりボタン1つで設定できます。

吸引時間が5分と平均よりもやや長めで、加熱完了時間は40秒と最短なのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

CBDは現在最も注目を集めている非精神活性化合物であり、日本でも合法な薬理成分として扱われています。

その摂取方法はさまざまですが、効果を早く感じたい場合にヴェボライザーを利用してストレスのない毎日を送っていきましょう。

Author Profile

みゆき
みゆきCBDオイルレビュー専門家
2年前初めてCBDオイルに出会ってからどハマりしている自称都内っ子のアラサー女子(本当は東京の奥地のド田舎)
CBD製品は一通り全て試しており、CBDオイル検定が出れば即1級を取得できると豪語している。CBDオイルが好きすぎて論文などまで読み漁ったため、専門家に匹敵する知識が売り。
マニアックすぎて彼氏や友人に引かれるのでネットにてその知識を紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました