長く使うCBDオイル。コスパの良い商品はどこで探す?

CBDの知識

コスパが良いオイルとは?

昔に比べるとだいぶ値段は安くなりましたが、まだ決して安いとは言えないCBDオイル。使い続けるためにコスパはかなり意識するのではないでしょうか。

コスパが良いCBDオイルとはどのようなものなのでしょうか。

CBDオイルの量以外にも、成分の濃度も一つの基準になるかと思います。

本記事では、コスパの良いCBDオイルの商品や、使い方、購入方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

オイル、リキッド。どちらがコスパが良いのか?

CBオイルにはオイルタイプ、リキッドタイプ、ペーストタイプ、パウダータイプなど、さまざまなタイプのものがあります。

その中でよく使われているものが、オイルタイプとリキッドタイプです。

この2つはどちらがコスパが良いのでしょうか。

結論から言うと、「一般的には」リキッドタイプの方が効率は上ですが、「詰めていくと最終的には」個人個人に合ったものが一番効くので、どちらとも言えないです。

どれが良いのか判断ができない市場状態

まず、振興産業であるので、玉石混淆(良いものと悪いものが混ざってしまって見かけ上は見分けがつかないこと)の状態でもあります。

このため、CBDの含有量や品質によって値段はピンキリです。

例えていうなら枕をネットで買うのと同じです。硬さや高さ、それぞれ人の好みがあるので、一般的に良いと言われている枕も自分には合ってないなんてことがある。

CBDも現状、そのような側面があります。

ですので、安いからと言って、品質の低いものを購入することはあまりおすすめできません。

また、当たり前ですが、CBDオイルは効果が出ないと意味がありません。

そのような状況から、強いて言えば、リキッドタイプはコスパが良いと感じやすいのではないか、という結論に至ります。

リキッドタイプは、電子タバコのように吸うので、専用の吸引器具が必要(VAPE)です。

初期費用はかかりますが、リキッドタイプは即効性があり、吸収効率も高いので効果が感じられやすい側面があり、実感度は高い、という結論に至ります。

個人輸入?正規輸入代理店?どちらが高コスパ?

個人輸入と正規輸入代理店での購入では、だいぶ値段が変わります。

結論から言うと、個人輸入の方が安く、コスパ良く購入することができます。

当たり前かもしれませんが、代理店が抜くマージンが減ります。

試算してみると、1か月に1つ購入すると、種類や濃度にもよりますが、年間で約40000~80000円程の差が出ます。

個人輸入の場合、安く購入することができますが、1回の購入で16,666円以上になってしまうと、関税がかかります。

かえって値段は高くなってしまうため、まとめ買いはおすすめできません。1回1回購入するのであれば、多少手間はかかりますが、正規輸入代理店での購入より個人輸入の方が高コスパであるといえます。

個人輸入は誤って違法成分などが含まれてしまっていたものを輸入してしまった場合、責任が自分に来てしまう(正規輸入代理店の場合は代理店が責任を負う)デメリットもあるので、輸入の際には注意しましょう。

コスパが良いおすすめ商品は?

「コスパが良い」の基準はいくつかあるとは思いますが、ここでは、容量や含有量ではなく、「金額に対し、感じられる効果」を基準として判断したいと思います。

私がおすすめするコスパの良い商品は、フルスペクトラムの製品です。

フルスペクトラム製品はこの記事では詳しいことは説明しませんが、CBD以外にも、THC以外の麻の成分と一緒に生成されている製品です。

そのため、大量に吸わなくても、リラックス効果を感じることができます。

また、CBDオイルは摂取し続けると、効果を感じにくくなると言われています。

しかし、フルスペクトラムの製品は長期的に使用しても効果を感じにくくなりにくい、と言われています。

結果的に、「金額は張るが、効果、健康へのリターンが高い」ということが言えます。

フルスペクトラムについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事で解説しています。

(おすすめ)フルスペクトラムCBD製品についてとその効果を解説
CBD製品に記載されているフルスペクトラムとはなんなのか?フルスペクトラムCBD製品の意味と効果、含まれている成分とこれらの相乗効果、通常の製品との違いについて解説します。

使い方でも違う?コスパの良い使用法

CBDオイルは使い方でもコスパが変わります。

長く使用したいからと言って、量をケチって、効果が実感できないのでは意味がありません。個人差があるので一概には言えませんが、効果を感じられる量をしっかりと使いましょう。

粘膜から吸収されることを意識

人間、一番吸収率が良いのは粘膜からの吸収です。

例えば即効性のある解熱剤がお尻から入れられるのは、すぐ近くに直腸があり、直腸が粘膜に覆われているため、すぐに薬の成分が吸収されるからです。

お尻からCBDオイルを入れる話は聞いたことがまだないですが、例えば効果の出やすい使用方法としては、より粘膜から吸収するように

  • 1分ほど口の中(特に舌の下)で馴染ませてから飲み込む
  • 空腹時に使用する(胃の粘膜から吸収されやすくする)
  • おへそに垂らす

などがあります。

また、リキッドタイプなら、

  • しっかりと肺に入れる
  • 肺に入れた後、苦しくない程度に少しだけ呼吸を止める

などがあります。

以下の記事も参考にしてみてください。

CBDオイルの正しい使い方は?もっともリラックス出来る方法は何?
CBDオイルの正しい使い方をご紹介。舌の下に置いておくだけで良いの?良い商品の選び方は?CBDの疑問について様々な観点からご紹介。
CBDオイルが効かない?有効な使用法と効果は?
CBDオイルが効かなかった時の対処法とは?CBDが効かない理由は人によって様々です。ここでは、どんな人でもちゃんと効果が出るように何を見直したら良いのかのその方法を紹介しています。

コスパの良いおすすめCBD製品

オイルタイプ、リキッドタイプ、のおすすめの製品は下記になります。

両方ともフルスペクトラムのものです。

Phama Hemp ファーマヘンプ

ファーマヘンプ

他の記事でも紹介しているファーマヘンプのCBDオイルです。

濃度は5%。オイル製品なのに舌の下に垂らしただけでも結構効き目を感じると思います。

これでも十分に効果を感じることができると思いますが、よりガツンと行きたい方は一つ下の製品をお選びください。

https://item.rakuten.co.jp/micks/cbd19-001/?iasid=07rpp_10095___dx-k4qv7i2w-2o-ed7a40e8-e7b7-4f8a-a8f9-482c9c9894a1

CBD リキッド フルスペクトラム Aztec アステカ 1000mg 10% 高濃度 高純度 日本総代理店 E-Liquid

アステカCBD

https://item.rakuten.co.jp/eshop-japan/aztec10-1/

ヨーロッパで有名なアステカのフルスペクトラム製品。

値段は張りますが効き目はピカイチ。

ちょっと玄人向けでもあります。値段も玄人向け。高いものだと3万円以上します。

しかし、CBDは効果の感じやすさに個人差があるので、さまざまな方法を試してみて、自分が効果の感じられる方法を見つけるのが一番良いでしょう。

まとめ

以上、コスパの良いCBDオイル製品や使い方などを紹介してきました。

  • オイル、リキッド。コスパを比較する意味では、最終的にどちらともいえないが、リキッドの方が即効性はある。
  • コスパが良いおすすめ商品はフルスペクトラム製品がおすすめ
  • 製品は個人輸入の方が圧倒的に安いが、自己責任になるので注意!
  • 輸入する場合は、購入は関税のかからない16,666円以下で

皆さんもコスパ良くCBDオイルを購入、使用してみてはいかがでしょうか。

Author Profile

みゆき
みゆきCBDオイルレビュー専門家
2年前初めてCBDオイルに出会ってからどハマりしている自称都内っ子のアラサー女子(本当は東京の奥地のド田舎)
CBD製品は一通り全て試しており、CBDオイル検定が出れば即1級を取得できると豪語している。CBDオイルが好きすぎて論文などまで読み漁ったため、専門家に匹敵する知識が売り。
マニアックすぎて彼氏や友人に引かれるのでネットにてその知識を紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました