不安解消にも役立つ!フレーバー豊富なCBDオイルrise(ライズ)が登場

CBD製品情報

ここ最近、心配事やストレスが多くて「なんだかしんどいなあ…」と思っている方も多いのではないだろうか。株式会社organyから、そんな方に役立つかもしれないCBD含有オイル「rise(ライズ)」が発売された。

このCBDという物質、不安解消などのリラックス効果やエイジングケアへの効果があることに注目が集まり、近年では多くのCBD含有商品の開発が進んでいるのだ。

スポンサーリンク

CBDとはどのようなものか

カンナビジオール(CBD)は、大麻草から抽出される薬効成分。「大麻?」と思われるかもしれないが、違法性のあるTHCとは違う物質なのでご安心を。もともと私たちの体内では内因性カンナビノイドという物質がつくられており、これが食欲やエネルギー産出などを調整することで身体の恒常性を維持する役割を果たしている。

しかし、加齢やストレスにより分泌が減ってしまうと恒常性のバランスが悪くなり、神経系や免疫系などにおいて様々な問題を引き起こしてしまう。そこで大麻草由来のCBDをとり入れることで体内の減ってしまった物質を正常の状態に補うことができるのだ。

CBDの効果・効能

CBDは心身の健康をサポートしてくれる効果がたくさんあることで注目されている。幸福感や高揚感、リラックス効果などをもたらすだけでなく、記憶力も増進させてくれるという。

また、細胞の酸化・老化をおさえ健康やアンチエイジングに効く抗酸化作用や、創傷治癒作用、抗菌抗炎症作用なども見込まれている。女性特有の心身の不調であるPMS(月経前症候群)にも効果がありそうだ。

海外のマンハッタンではCBD入りのお茶を飲んでヨガや瞑想をするスタジオが人気になるなど、その効果に注目する人が増えていることは間違いない。

そのほかにも、CBD含有オイルを使ってハンドマッサージを行うと筋肉の張りや緊張が和らいだという報告もある。CBDにはドーピング違反成分が含まれていないため、トップアスリートにも問題なく使用することができる。

仕事のストレスなどによってなかなか眠れない方や生活リズムが乱れてしまっている方にとって、自律神経を整えてくれる効果はかなりありがたいものではないだろうか。

CBD含有オイル「rise(ライズ)」 の品質

安全な物質とはいえ、やはり大麻のイメージから不安に思う方もいるかもしれない。しかし「rise(ライズ)」は日本で流通可能な茎と種だけを原料としていて、国内製造にこだわっているため安全だ。

しかも、CBD含有量試験・残留農薬・重金属・微生物検査で基準値をクリアして一般社団法人日本カンナビノイド協会の認証を取得しているので安心して使用することができる。

フレーバーのラインナップはブラッドオレンジ・ミント・レモンの3種で、1本当たりの内容量は30ml、CBDの含有寮は500mg。

CBDを効果的に体内に摂取するには、舌下に2~3滴を滴下したり、マッサージに用いる方法がよさそうだ。

(株式会社organy)https://www.organy-japan.com

(オンラインストア)https://store.shopping.yahoo.co.jp/organy/

まとめ

少しの摂取量で、心身の健康に様々な効果をもたらしてくれるCBD。

ストレス社会を生きる私たちにとって、今後さらに身近な存在になっていくかもしれない。

Author Profile

みゆき
みゆきCBDオイルレビュー専門家
2年前初めてCBDオイルに出会ってからどハマりしている自称都内っ子のアラサー女子(本当は東京の奥地のド田舎)
CBD製品は一通り全て試しており、CBDオイル検定が出れば即1級を取得できると豪語している。CBDオイルが好きすぎて論文などまで読み漁ったため、専門家に匹敵する知識が売り。
マニアックすぎて彼氏や友人に引かれるのでネットにてその知識を紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました